ペニスを大きくしたいトレーニング、サプリならこれ

包茎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちんこの大きさは個人差がある、身長と比例している、とあきらめている人も多いかもしれませんが、トレーニングによって大きくすることができます。

やはり女性に見られたり、温泉で他の男性に見られたりすることを考えると少しでも大きい方が自信が持てます。

自分でできるペニス増大のトレーニングをご紹介します。

ちんこをでかくする方法

①ちんこトレーニング

日々のトレーニングで着実に長く太く変えていく方法です。

・PC筋トレーニング
PC筋は肛門を締める時に使う筋肉で、勃起力ともつながっています。
ゆっくり肛門を締め、5秒そのままをキープ、緩める
これを10回~20回行います。

・亀頭増大の方法
血流をアップさせる方法です。
勃起状態にし、ペニスの根元を親指と人差し指で握り圧迫します。
それを10秒キープして指を話します。
これを5回ほど繰り返します。

・刺激を与えるトレーニング
刺激を与えながら長茎にしていく方法です。
勃起状態で乳液を付けてゆっくり根元から亀頭に向けてストロークしていきます。
亀頭まで行ったらつまむようにして伸ばします。
これをできるだけゆっくり長い時間繰り返します。
射精はしないようにぎりぎりで我慢します。
早漏防止と増大トレーニングになります。

②増大ポンプ
お風呂で使う増大ポンプがあります。
お風呂の浴槽の中で器具を装着し、水を押し出すことで水圧がかかり陰茎を引っ張ってくれます。
陰茎が伸びた状態で10分程度キープし、器具を外します。
陰茎の奥から引っ張る効果があるため、長茎効果が期待できます。

③増大サプリ
ペニスは「海綿体」と呼ばれるスポンジのようなものが、血液を吸収して膨らむこで勃起します。
シトルリンやアルギニンなどの血流を促進させる成分や精子の生産を手助けする成分なども含まれているペニス増大サプリで勃起時にペニスに血液が送られやすくなり、大きさや硬さなどの変化を得ることができます。

④規則正しい生活

睡眠と食事は勃起力に影響します。
7時間程度の睡眠と健康的な食事を心がけましょう。
コンビニ弁当やカップラーメンは食品添加物や化学調味料が多く含まれています。
揚げ物の油も酸化して消化に悪いです。
こういった食事は胃に負担をかけ、血流も悪くなります。
コレステロール値が高くなって血がどろどろになると勃起力も下がりますので、新鮮な野菜や海藻、豆類を多く食べるようにしましょう。

ペンネーム:さや

error: Content is protected !!