実は簡単!セフレを作るための3ステップ

グラビアアイドル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

セフレをつくる・・・男の永遠のテーマですね。
遊んだ女性をセフレにするまでには、安心感や信頼感を持ってもらう「人間としての魅力」や、一線を超える「男としての魅力」が必要です。
ワンナイトラブは一回きりなのでまだ簡単。長期的な関係性のセックスフレンドは、ワンナイトよりはるかに難しいです。

私も、21歳まで童貞でしたが、セフレを作るための3つステップに気付き実践したところ、その後7人ものセフレを作ることに成功しました。
女性をおとすまでの方法とコツを掴めば慣れてきますのでぜひ皆さんも真似してみてください。

セフレを作るステップ1 出会う

まず、相手と出会わなければ始まりません。
そして、「どのような相手と出会うか」、これが重要です。

学歴がありまじめで貞操観念がしっかりしている相手はガードが固いため選ぶべきではありません。
学歴が低めで貞操観念が弱い相手を選びます。

そういった相手は出会いアプリで探すのが一番早いです。
私が使っているのは、
「ハッピーメール」
うさぎのみみ
というアプリです。

「ハッピーメール」は会員数も多く、私が経験してきた中でも「バランスがいい」出会い系です。
このサービスは、プロフィール欄に大人の関係を希望すると書く場所もあるほどセフレ作りに特化しており、素人女性とセックスをするために活用するという男性がとても多いことが特徴です。
しかしサイトとしては非常に優秀。法令遵守をちゃんとしており、サクラを排除するように24時間体制でサポートしているそうです。

無料登録をすれば120ポイント無料でもらえ、メール1通あたり5ポイントと消費していく仕組み。
嬉しいのは、女性からもらったメールを読むには1ポイントもかからないという点。
そのため、「この女性と連絡したい!」と感じたタイミングでだけポイントを使えばいいので、不要なお金がかかりません。
課金が前払い制のため、あとあと使いすぎて高額なお金を請求される心配はありません。

筆者の体感では、最もセフレになりやすい属性の女子がいるサイト。
出会いの宝庫です。一度チェックして、少し使ってみることをおすすめします。(ただし18禁だから、18歳未満は使っちゃだめです)

多くのサイトで「セフレを探すならPCMAX」と紹介されていますが、援助交際目当ての女性が非常に多い印象を受けました。

反対に、ペアーズなどのいわゆる恋活アプリになると、結婚などを意識している女性も非常に多く、最初のセックスすら難しいケースが多いです。

セフレを作るステップ2 おとす

出会いまで進んだら、まずは食事ですね。
ここでは、とにかく「紳士」でいることを心がけてください。

自分の事をアピールする必要はありません。
相手の話をじっくり聞いて、同調するだけでいいんです。

相手からは必ず友達関係や職場の愚痴が出てきますので、それに同調するんです。
すると、自分の事を分かってくれる、と好意を持ってくれます。

他にも、落ち着いた雰囲気、堂々とした雰囲気、清潔感のある服装、がっつかない、といった事に気を付けます。

間違っても、その日にやろう、と意気込んではいけません。
今日は相手を見るだけ、の心構えです。

ただ、自分の事が何となく気になる、雰囲気は持たせます。
余裕のある態度をしていると、お金持ちなのかな、とか女性にもてるのかな、知性を感じる、と相手が勝手に想像してくれます。

どうしても狙いたいときは、「飲む媚薬」を用意していきましょう。
飲む媚薬 LOVE SHOT EX -typeL- 詳しくはこちら

私も、この子はいけそうだな、とアプリの時点で感じているときは、夕食からの時間帯にして、食事の時に媚薬を使います。
すると、相手はだんだんムズムズして体が熱くなってきます。

その様子を見て店から外に出て、その次の段階に誘うのです。

セフレを作るステップ3 ハマらす

上手くホテルまで誘えたら、セックスが重要になります。
ここでセックスが下手だと1回だけの関係で終わってしまいます。

とにかく相手に満足してもらうことが必要です。
テクニックに自信がない人は「塗る媚薬」を使いましょう。
塗る媚薬 アクメーション 詳しくはこちら

これで陰部を刺激すると、普段の何倍も感じやすく濡れやすくなります。
その状態でセックスをすれば相手も大満足します。

 

この3つのステップでセフレは作れます。
1度失敗してもあきらめずに5人くらいまではやってみてください。
その中で成功するパターンが見えてくるはずです。

ペンネーム:さや

error: Content is protected !!